星宙を詠う《ソラウタ》

ホロスコープの読み方、メール鑑定、惑星擬人化小説を更新中。

2018/1/2 蟹座満月のホロスコープ解説

2018/1/2 11:25(大阪市) 蟹座で満月が起こります。
今回の満月もスーパームーンらしいですね!

f:id:akane-soulastrology:20171226151741j:plain




注目するポイントは
蟹座月、蠍座火星・木星魚座海王星のグランドトライン(大三角形)から山羊座太陽・金星へ流れるカイト


太陽のサビアンは山羊座12度 「講義をする自然の学徒」
月のサビアンは蟹座12度 「メッセージを持った赤ん坊をあやす中国人の女」

今回のハウスの位置はほぼナチュラルサインでの配置ですね。
月や火星、土星海王星が本領発揮出来る配置です。

その本領発揮出来る天体が3つグランドトラインになっていて、山羊座方向へ流れているというのが何とも凄い!
エネルギーを具現化するのを後押ししてくれていますね。

新月が新しい契約の刻印を刻むというエネルギーであったわけですが(参照記事)、共に活動していくパートナーとの相乗効果が期待出来そうです。
その相乗効果への過程の中で、水の星座のグランドトラインが非常に重要になるわけですよね。

一般的には「感情」という解釈をされる水の星座達ですが、これらは「見えないもの・エネルギーの操作」が非常に上手な星座達なわけです。
4ハウスの身近な大切な人達あるいは自分の内側のルーツ
8ハウスの大切なパートナーとの生活、変容からの死と再生
12ハウスの地球が請け負う長い歴史の集合無意識、過去世のそれぞれの想い

この辺りで浄化が促されていく様子が見てとれます。
恐らく皆さんどこかのポイントで未消化なエネルギーが体調に表れたりしていると思います。
山羊座は地の星座なので、肉体に表れることも具現化のうちの1つとしているわけです。

山羊座土星期という新しいステージに進むために、エネルギーの一斉浄化という感じですね!
その浄化を経て、どのように自分は社会貢献していくのか、どういう立場を名乗っていくのか、現実を具現化させる方向を今一度目に見える形で認識します。
新月では「意図する」のがメインでしたが、それをもう一度可視化して確認を取りたいのですね。

満月で可視化された時に、イメージと違うものだったならば、それは自己の削ぎ落としの中に余計なエゴだったり不純物が混じっていますよということですね。
ですので、この上弦から満月までの間にやるべきことは自己の未消化だったエネルギーを昇華させることです。
新しいステージへ進むのにもう必要なくなったものを浄化する期間に使って下さいね。

満月の当日には出来るだけ自分のイメージと近いものが具現化されているといいですね!!

f:id:akane-soulastrology:20171226155131j:plain

メール鑑定:星からのメッセージ
お問い合わせ・鑑定依頼はこちら
 
人気ブログランキング