星宙を詠う《ソラウタ》

ホロスコープの読み方、メール鑑定、惑星擬人化小説を更新中。

ホロスコープは多次元である。

以前ホロスコープというのはネイタルやトランジットチャートなどの総称ですよ、というお話をしました。

参照記事




それはあくまでもジオ(地球視点)の話です。
ジオというのは「天動説」を採用しており、地球以外の星が動いているものとして見ています。
私達は実際地球も動いているというのを知っていますが、地球に住んでいる限りは惑星は地球の周りを回っているように見えるわけですよね。

ジオのチャートは基本中の基本ですが、他にもヘリオセントリックチャートやハーモニクスチャートというのも存在しています。
ヘリオセントリックは太陽視点のホロスコープです。太陽星座の代わりに地球星座が出現します。
私はこのホロスコープを魂の行動計画書だと解釈しております。
ある程度精神世界やジオチャートの研究が進むうちに、ヘリオの特徴も私達にはあるんだな、ということが分かってくるのですが、あくまでも人間として生きているうちはジオで精一杯です。

たまに星詠み師さんの中に、「私はジオを卒業してヘリオで生きています」という方がおられますが、とんでもない!!と私は思います。
ヘリオはかなり高次元のエネルギーです。自分の魂なのだからある程度は無意識にその特徴を使っていることもありますが、ヘリオでなんて地球では生きていけないです。
確かにヘリオの情報が降りてくることもあります。ありますが、結局形になったり腑に落ちたりするのはジオとして形に表れてからです。

そしてハーモニクスチャートは、ジオとヘリオの間にある多次元的なエネルギーです。
ミルクレープのようにたくさん重なっているのですね。円柱のような感じです。
ジオの天体の度数に一定の整数を掛けて計算していく「調波・倍音」と言われているホロスコープです。
これは過去世のそれぞれの記憶のような感じがしています。

過去世はそもそも多次元的に存在しており、今私がここにいるのと同時に過去世の私がパラレルワールドのようにして存在し、お互いが干渉し合っています。
時間は過去から未来へ一定で流れているわけではありませんよ。
詳しくは量子論を学ばれてみて下さいね。

このハーモニクスは整数の数だけ、つまり無数に存在するわけです。
リーディングする時は、その時々で必要なハーモニクスを選択して読み解いていきます。
アカシックレコードみたいなものでしょうか!

ヘリオはZipファイルでジオに降りて展開されていきます。その展開したファイルの中にハーモニクスが含まれているわけです。
ジオやハーモニクスのエネルギーを扱えないとなかなかヘリオは難しいと思いますよ!

f:id:akane-soulastrology:20171227163339j:plain


【自己紹介
メニュー一覧
お問い合わせ・鑑定依頼はこちら
 
人気ブログランキング