星宙を詠う《ソラウタ》

ホロスコープの読み方、メール鑑定、惑星擬人化小説を更新中。

実際にホロスコープを読みましょう。

ホロスコープの読み方を書いていきたいのに、どうアプローチすればいいのかな?と思案していて更新がひたすら滞っていたのですが、昨日「リアル・プラネット」が生まれてそのキャラクターにお任せすればいいのでは!と閃いたので、これから講座はクロノス先生にお任せしたいなと思います(=´ω`=)

先生!お願いしまーす!!




☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


サターン・クロノス(土星)「ご紹介に預かりました。サターン・クロノスです。これからは責任を持って諸君らを指導していきたいと思っているのでよろしく頼む。」

アース・ガイア(地球人)「(挨拶かたっ!)・・・えー。ガイアです!男に間違われやすい名前ですけど女です!地球人代表です!ホロスコープのことはよく分かりませんがよろしくお願いします☆」

クロノス「サイン・天体・ハウスの知識は少し置いておいて(只今筆者が推敲中だ)、実際にどう読んでいるのか実践しながら説明していく。」

ガイア「基本的な知識なのでは?<サイン・天体・ハウス」

クロノス「もちろんだ。しかし実際に読んでみないと頭に入って来ない方もいるだろう。キーワードを暗記出来たとしてもリーディングには多角的解釈が必要だからな。」

ガイア「なるほど。習うより慣れろ!ってやつですね!」

クロノス「そういうことだ。まず今日のホロスコープをここに展開しよう。」

f:id:akane-soulastrology:20180110143214j:plain


ガイア「My astro chartホロスコープ設定→現在時刻をクリックすればすぐに出ます!位置はご自身の居る場所に合わせた方がいいですね!日本国内なら離島以外ならそんなに変わりません。」

クロノス「個人のホロスコープを読みたいのであれば、出生時刻・出生地は分かっていた方が精密度は増すだろう。しかし分からなくてもソーラーサインハウスシステムでも解釈可能だ。ハウスの切り分け方はそこまで重要ではないと私は仮定している。」
※ちなみに個人の出生時刻が不明な場合は12:00に設定するのがおすすめです。

ガイア「そうなんですか。」

クロノス「昔の人間達はそこまで出生時間・出生地を管理出来たと思うか?まぁその時代に合わせて読んでいけばいい。重要なのは天体の度数とアスペクトだ。」

ガイア「はっ!!それって健康被害が深刻なやつですか!?」

クロノス「それはアスベストだ!!・・・お前はバカなのか賢いのかどっちだ(汗)そうやって本編でもボケていくつもりなのか・・・。」

クロノス「アスペクトとは天体同士が形成する角度のことだ。天体同士がエネルギーを与えたり衝突させたりすることで特有のエネルギーを生んでいくのだ。」

ガイア「・・・人間関係みたいなものなんでしょうか。」

クロノス「君は今日は冴えているな。その通りだ。」

ガイア「だから人間関係が重要だって言ってたんですね!」

クロノス「まぁその話は本編でゆっくり語っていくとする。ホロスコープを読むにあたって、どの天体を中心に読むのかをまず決める。」

ガイア「読むポイントを決めるのですか?」

クロノス「そうだ。その日や1週間の動きを読みたいのなら、月の動きを。1ヶ月単位なら太陽の動きを。1年単位なら木星の動きを。もっと長期的な流れを読みたいなら土星天王星を。時代や歴史を読みたいなら冥王星を。」

ガイア「天体の公転周期を利用するわけですね。」

クロノス「そうだ。必要に応じて使い分けていきなさい。そこで天体がサインに※イングレスしたりアスペクトを※タイトに組むのならそれも含めて読んでいく。」
※イングレス=新しいサインに天体が入ること。タイト=アスペクトの角度が誤差範囲内まで近付いていること。

ガイア「総合的に読んでいかないといけませんね。」

クロノス「だからサインや天体のキーワードも重要だが、本来なら並行して知識を蓄えていかなければならない。それでもサインと天体のキーワードさえ分かれば最低限の情報は得られるというわけだ。」

ガイア「なるほど・・・。奥深い。」

クロノス「前置きが長くなったが、今日のホロスコープを読んでみよう。もう一度ホロスコープを展開する。」

f:id:akane-soulastrology:20180110143214j:plain


クロノス「先ほど言った通り、月を中心に読み進めていく。月は何座に位置するか?」

ガイア「えっと、蠍座ですね!」

クロノス「そうだな。月は2日半かけて星座を移動するので、今現在の月が蠍座の初期に位置するのなら今日は蠍座にしかいないことになる。」

ガイア「ほほー。」

クロノス「この月は何ハウスにあるか?」

ガイア「5ハウスです!」

クロノス「そうだな。では月にアスペクトしている天体はあるか?」

ガイア「うーん・・・度数は分かりませんが、山羊座にある土星ですかね?」

クロノス「今回は度数は省いて考えよう。月と土星アスペクトは?」

ガイア「※セクスタイルですね」
セクスタイル=60度のこと

クロノス「そうだ。そして他にアスペクトを形成している天体はあるか?」

ガイア「蠍座にある火星と木星が※コンジャンクション。その2つが魚座にある海王星と※トライン。そして山羊座にある太陽と金星と冥王星コンジャンクション蠍座火星・木星魚座海王星にそれぞれセクスタイルです。」
コンジャンクション=0度。トライン=120度。

クロノス「ちなみに3つの天体がコンジャンクションしている時はトリプルコンジャンクションと呼んでいる。」
※厳密には3つ以上の合はステリウムとも表記します。

ガイア「トリプルコンジャンクション!!何か凄そう!」

クロノス「もう他にアスペクトはないか?」

ガイア「あ!射手座水星と牡羊座天王星もトラインです!今日は凄くアスペクトたくさんある!」

クロノス「しかもソフトアスペクトだらけだな。」

ガイア「ソフトアスペクト?」

クロノス「調和的な配置のことだ。※スクエアや※オポジションなどはハードアスペクト、衝突や刺激的な配置と言われている。」
※スクエア=90度。オポジション=180度。

ガイア「こんがらがってきたー。」

クロノス「つまり。ソフトアスペクトは手を繋いで仲が良い位置関係。ハードアスペクトは殴り合ったり足を引っ張り合ったり、横槍を入れたりする衝突しやすい位置関係。」

ガイア「人間関係ですもんね。」

クロノス「物事が動きやすい、変化が分かりやすいのはハードアスペクトコンジャンクションの時。ハードだからって悪い意味ばかりではない。」

ガイア「じゃあ今日は刺激は少ないですね。」

クロノス「全ての天体が調和を保っているからな。エネルギーは循環して回っているけれど、感知しにくい。若しくは満たされていてこのままでもいいかなと思うような日。月が土星と組んでいるので、前向きに動いていこう、実現化するために1人で研究・没頭しているような日だな。」

ガイア「なるほどー。それは5ハウスだから、趣味や娯楽、自分が楽しいと思えるようなことでやりたいなと思う、と。」

クロノス「そういうことだ。感知するとするなら、明日月が火星・木星とトリプルコンジャンクションする時にエネルギー循環の流れを知るという感じか。」

ガイア「またトリプルコンジャンクション!?ダブル!トリプルコンジャンクション!」

クロノス「ややこしいが・・・そういうことだ。」

ガイア「明日の配置は凄そうですね!トリプルアイスが2つもあるんですもんね!」

クロノス「(サーティワンアイスのことか?)新月へ向かって今週はかなりの転換期だからな。嵐の前の静けさというやつかもな。」

ガイア「なるほど!これは体力をつけておかねば!サーティワンアイスへ行きましょう!」

クロノス「(やっぱりサーティワンアイスだったんだな・・・)ホロスコープの読み方が分かったのなら、アフロディーテを連れて行けばいいのではないか?」

ガイア「そうだ!ディーテも呼ぼう♪」

クロノス「(も・・・?)」

ヴィーナス・アフロディーテ「やほー☆ってちょっと!アタシ出てきたのにもう終わりじゃん!クロノス!トリプルアイス奢ってよ~♪」

クロノス「・・・はぁ?(汗)」

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

クロノス先生ありがとうございましたー!
分かりやすく伝わっていればいいなぁ・・・(*´∀`)

という訳で本編もこのような感じで連載していきたいです。

akane-soulastrology.hateblo.jp



【連載:リアル・プラネット
【自己紹介
Twitter(botです)@sorautabot
Instagramsorauta69

 
人気ブログランキング
にほんブログ村 癒し系雑貨