星宙を詠う《ソラウタ》

ホロスコープの読み方、メール鑑定、惑星擬人化小説を更新中。

満を持して。

先日は満月(皆既月食)でしたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、食とは隠されていて後からじわりじわり明確になるもの、という解釈をしたのでその通りになってしまいました。

これからは、石井ゆかりさんの「扉の出入り口」というのを採用したいと思います(笑)

私が満を持して明確になったことというのは、金星との向き合い方です。




本来のパートナーと本来のお金の稼ぎ方です。


f:id:akane-soulastrology:20180203172040j:plain


昨年7月頃を思い返しますと、この2つに本格的に覚悟を決めて向き合い始めた時期でした。

お金の稼ぎ方自体はもう1年くらい前に遡りますが、お金に向き合っていたはずなのに今の彼と出逢い、人生が大幅に変わっていきました。

そして、もしかしてこの方法で稼いでいくのか?と幾つか候補を決めて研究に研究を重ねて来ました。

形になりそうでならなくて、もどかしい日々でした。

現金として巡って来そうで来ない。
厳密には来ているのですが、循環していない。

元手がいるものでもあったので、その元手はどうするのかというのも課題ではありました。

その元手を鑑定業務で賄っていた時期もありましたが、お気持ち制と自分の注いでいるエネルギーのバランスが非常に悪く、首を痛めてしまったのでそれからは出来なくなりました。

でもお金の巡りというのは、人を介して発生するものというのが一般的な解釈です。

株価なども間接的ですが、人が売買する経緯をチャートで示しています。

私は昨年の春頃に「人を相手にはしていない」ということを言われていて、物凄く印象に残っていました。今もです。

結果、スピリチュアルだろうが普通の接客だろうが、人を相手にすることに対しては都度修正が入り、止めなくてはならない状況になっています。

きちんとお金を貰っていてもです。

お金の巡りは人を介してなのに、どうやって私はお金を生むのかひたすら疑問でした。

今回の満月で徹底的に道を塞がれ、あわや「何故私は生きているのか?」と昔のように一晩中天井を仰いで泣いているみたいなどん底経験をもう一度してしまい、非常に危うかったのですが(汗)

結局私に残ったのは、ホロスコープを読むことだけでした。

ホロスコープを読むけれど、人は相手にしない。
元手がゼロでも生み出す方法。

何それどこの錬金術だよ!?

という感じですが。
でもほんの少しの希望が見つかりました。

この話はまた追ってしようと思います。
確実に結果が出せてから。

どこまで生み出せるかは分かりません。
結局元手は彼から流れて来るのかも知れませんし、現在展開しているメモリーオイルかも知れません。

そうなったら、それ人介してますやん!となりますが(¬д¬;)
何というか、個人個人を相手にするのでは成り立たないと言いますか。

しばらくは1人で生み出せるやり方で次の新月まではコツコツやろうかなと思っています。

次の新月水瓶座で日食です。
確か昨年は2月末に魚座で日食がありました。
当時は金環日食だったのではないかな?と記憶しています。

彼と出逢ったのは一昨年の11月でしたが、関係が始まったのはこの新月からでした。

ちょうど1年。
新次元の扉を開けるのは彼とであって欲しいと願います。

私達二人は奇しくも太陽魚座ですので、大きな転機には違いないと思います。




【連載:リアル・プラネット
【自己紹介
Twitter(botです)@sorautabot
Instagramsorauta69

 
人気ブログランキング
にほんブログ村 癒し系雑貨