星宙を詠う《ソラウタ》

ホロスコープの読み方、メール鑑定、惑星擬人化小説を更新中。

人生を思い通りに出来る人、出来ない人。

皆さんは、何故人生上手くいかないのかなって考えたことありますか?

もちろんあると思います。
あるからこういうブログをたくさん読んでいるのだと思いますが。

私自身もそんな想いからホロスコープを勉強することになったわけなのですが。

何故思い通りにいかないのか、そのカラクリを少しだけ紐解いていこうかなと思います。





人間には、人生が自分の思い通りにいく人といかない人に分かれています。
残念ながら…これは真実だと思います。

私自身が極端に分かりやすい例なのですが、私は後者の人間です。

引き寄せの法則とかザ・シークレットとかワクワク、楽しいことで人生をクリエイトしよう!とか全く出来た試しがない人間です。

かと言って、やりたくないことを我慢して耐えて生きられる人間でもないのです。


スピリチュアリズムに傾倒しまくって得た答えがこれだったなんて、めちゃくちゃバカげていますよね。

正直絶望だらけの人生ですが…だからこそ何故そうなるのか私は知っています。

多分こういう人は多くはないかも知れないですが一定数いるはずです。

単純に、個人天体にトランスサタニアンがハードアスペクトを取っているからです。


それだけ…なんです。


私の例は何度も出していますが、金星に冥王星オポジション、太陽に海王星がスクエアなのです。

ワクワクとか楽しいことは金星の管轄ですし、人生の成功という価値観は太陽が担っているわけです。
それに自分が扱い切れない、所謂「宇宙の介入」とか「神に愛される」とか「人が認知出来ない奇跡」という概念を司る海王星冥王星がそれぞれハードアスペクトで鎮座しているのです。

個人天体同士がハードアスペクトなら辛い思いはするかも知れないけれど、努力次第で何とかなりますよ。

以前私は冥王星のイメージを、「首元に刃物を突き付けられている絶望と緊張感」と表現しましたが、それはこのアスペクトによるものです。

楽しいことをしたいのに、冥王星
あ?それはお前の本質に沿ってんのか?本気なのかそれ!?
みたいなことを刃物を突き付けながらいちいち試してくるのですよ。

金星を愛とすると、非常に愛が重いとか、恋愛や人間関係、経済的状況に宇宙の介入が都度あるという状況です。

だから結局、自分が好きでも本質的でないものは出来なくなっていくのです。


太陽も太陽で、常に海王星からの横やりがありますから、真っ直ぐ進んでいるつもりなのに目的地に辿り着けない。
海王星の持つ直感力や霊的能力を駆使していかないと目的地が見えてこないという意味不明な人生設定をしているわけです。


要するに何をするにもいちいち命懸け。
命がいくつあっても足りない。

そして好きなこと、衝動的に飛びつきたくなるようなことは循環していかないのに腰が重い、面倒くさいと思うことだけ延々と持続していく羽目になる。
それが後々にスキルや武器になっていくのですが。


牡羊座月火星合がある私にとって非常にストレスが溜まりやすい人生になっています。

何のためにそんなホロスコープを選んだのかなんて、分かりませんよ(汗)
人間としての私から見ると、大分余計なお世話ですからね。

そんな霧がかった人生のレールで、本気度を毎回試されていて。
こんな私に巷で言われているスピリチュアル系の自己啓発がなに一つ意味を成さなかったというのは凄く説得力があると思うのですが、いかがでしょうか(苦笑)


自己啓発って結局はその人の経験則を表していますから、全くの嘘とかデタラメっていうわけでもないのですよね。

要は当てはまる人とそうでない人がいるだけの話で。

恐らくそういう人達は、トランスサタニアンが個人天体とグランドトラインとかソフトアスペクトを組んでいる人なのだと思います。

調和的な配置なのであれば、楽しい!という思いや行動に拍車をかけてくれるからです。

じゃあ、ハードアスペクトの人間はどうすりゃいいのよ!?となると思います。


結論から言うと、時期を待つしかないです。
後は他人ですよね。動かしてくれる他人を探す他ない。

自分が決めて道を切り開いていきたいという能動的な想いは捨てた方がいいというか、今までそれで上手くいかなかったのなら、もう開き直って時期を待つしかないのです。

だってトランスサタニアン相手に人間が何を出来るというのだろうか。
ひたすらスイッチが入る瞬間を祈って待つしか方法はないです。

例えば農業で、畑を耕して種を植えたら、後は出来ることって水をやったり周りの雑草を抜いたりすることくらいしかないじゃないですか。
雨が降らなかったら雨乞の儀式したりとか。
そして収穫の時期にならないと実らないですよね。

やれることはやらなきゃいけないのだけど、それをやったらもう待つしか選択肢は残されていないです。

それすらやらないで、人生を絶望するのならそれはまだ早いです。

自身の波動を上げるとか浄化するとか(方法は任せますが)、仕事や人間関係をきちんと整理するとか、住環境を整えるとか、そういう最低限の努力をした上で上手くいかなかったのなら絶望して下さいね。


ですので、関わる人間関係に拘ったり月の周期や星の動きを観測し続ける行為は私が人生を生きるにあたって重要なファクターとなっているわけです。


そして何故だか、自分のことは分からない癖に他人のことは読めてしまったりするのです。

他人に厳しいことを何も言いたくて言っているのでもないのに、上から偉そうだなんて罵られたり(言葉やタイミングは選んでいるつもりです)、結果も出してないくせにとか色々言われてしまうのですよね私は。

他人だけでなく、今まで好きになった人や家族にも言われてしまいます。
恋人に言われるのが一番精神的に堪えますよね・・・。

毎回高確率で言われてしまうので、自分でもワガママなんじゃないかとか、周りとどうして仲良く出来ないのだろうとか凄く思い詰めたこともあります。
後々後悔するのは相手だったとしても、私の知る由ではないです(絶縁することが多いので)。

ですから何度も知らないフリをしていこうとするのですが、言わなければ言わないで、私自身もその周りの人も良い状況にはならないのですよね。
道が反れていって、怪我や病気になったり事故に遭ったりする相手を見続けて何も出来ない自分が酷く無力に思えることも多かったです。

そういう人達はどっちにしろ私の言うことなんて聞いてくれなかったと思いますが、自分が関わる本来の人間関係ではなかったのだなと思うバロメーターにするしかなかったのです。


私が表社会に出ていこうとしないのは、自分をまず守るためでもあります。

努力した上で人間関係が上手くいかないという人は、宇宙がジャッジしているのだなと思う他ありません。

地球に人間として生まれてきたのに、自分本位で生きられないってとても矛盾していますが(しかも魂の記憶は忘れているのに)、地球という舞台を宇宙と共に生きていく何か目的がきっとあるのでしょうね。

そうとしか言えないです。

他人が既に知っている成功法則ではなくて、あなた自身が持ち得ている法則があるのだよと宇宙は教えてくれているのかも知れません。


ですから少しでも「何か違うな」という違和感を持ったなら捨ててみる、これに尽きます。
何かを始めるのではなくて、捨てていってみて下さい。

とても勇気が要ることですけれど。



akane-soulastrology.hateblo.jp



【自己紹介
Twitter(botです)@sorautabot
Instagramsorauta69


学問・科学ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村